医学部専門予備校のデメリット

一般の予備校と比べて受講料金が高いところが目立つ

医学部専門予備校では、医学部受験に特化した指導を受けることができますが、一般の予備校と比べて受講料金が高いところが多く受講をする科目の数によっては経済的に大きな負担が掛かるというデメリットがあります。また、夏期講習や冬期講習の際には、授業が始まる数か月前に十万円を超える受講料金の支払いが必要となったり、長期の講習期間中の模擬試験の度に追加料金が掛かったりすることもあります。そうした問題に対処するには、数ある医学部専門予備校の中でもリーズナブルな料金体系のところを探したり、苦手科目だけを受講したりすることがおすすめです。また、予備校によっては、入会キャンペーンを利用することで通常よりも安く授業を受けられることもあります。

二次試験の対策が不十分なところも多い

医学部専門予備校の中には、センター試験や各大学の学力試験の対策に力を入れているところが少なくなく、学力に自信が無い人も自分のペースで受験に向けて準備を始めることが可能です。一方で、小論文や面接といった二次試験の対策が不十分なところも多く、こうした予備校を選ぶことで、せっかく学力試験に合格をしたものの、二次試験でライバルに負けてしまうというリスクもあります。そこで、志望校の合格に向けて本格的に対策を立てたい場合には、学力試験だけでなく二次試験の受験対策のノウハウがある予備校を見極めることが大切です。また、早いうちから面接対策に定評がある医学部専門予備校のホームページなどに目を通しておくのもおすすめです。